4

I would like to display the figure and table labels of captions with japanese characters. One of the main restrictions on the solution to this problem is that I would like to compile the latex code using pdfLatex.

My code looks like the following:

% PREAMBLE
\documentclass[
fontsize=12pt, pagesize, parskip=half-, numbers=noendperiod,
captions=nooneline ]{scrartcl}
% more packages
\usepackage{lmodern}
\usepackage[whole]{bxcjkjatype}
\usepackage[justification=centering,tablename={テーブル},figurename={図}]{caption}
\usepackage{graphicx}
% DOCUMENT
\begin{document}
Some text
\begin{figure}
\includegraphics[width=5cm]{example-image}
\caption{モデルの概要表示}
\end{figure}
\end{document}

As specified in the preamble, tablename and figurename have been renamed in the preamble. This solution works when I use new labels that have latin characters. However, if I use japanese characters I get the following error

 ! Undefined control sequence.
\GenericError  ...                                
                                                    #4  \errhelp \@err@     ...
l.8     \usepackage
                   {graphicx}
? 
  • 1
    Please instead provide the error message that this explicit MWE produces instead of referring to something the rest of us does not have access to. – daleif Jun 11 '18 at 16:07
3

Passing options to caption in \usepackage is fragile; use \captionsetup.

\documentclass[
  fontsize=12pt,
  pagesize,
  parskip=half-,
  numbers=noendperiod,
  captions=nooneline,
]{scrartcl}
% more packages
\usepackage{lmodern}
\usepackage[whole]{bxcjkjatype}
\usepackage{caption}
\usepackage{graphicx}

\captionsetup{
  justification=centering,
  tablename=テーブル,
  figurename=図,
}

% DOCUMENT
\begin{document}

Some text

\begin{figure}
\centering
\includegraphics[width=5cm]{example-image}
\caption{モデルの概要表示}
\end{figure}

\begin{table}
\centering
Table
\caption{モデルの概要表示}
\end{table}

\end{document}

enter image description here

  • 1
    we really should fix that:( – David Carlisle Jun 11 '18 at 20:41
  • @DavidCarlisle On the other hand, I somewhat prefer the “setup” approach to long lists of options to the package. – egreg Jun 11 '18 at 20:46
  • @DavidCarlisle Oh yes, please, that would be great. – Axel Sommerfeldt Jun 11 '18 at 20:52
0

Interesting, just to learn, in my case I change the names of the content structures using the macros \renewcommand\estructurename{New structure name}, in the case of the scrartcl class, it only allows me to change the following structures, the example lacks of meaning because I copy text in Japanese from wherever I found, but try with images and tables and it works; for the numbering it is something to investigate.

\renewcommand\contentsname{コンテンツインデックス} 
\renewcommand\figurename{図} 
\renewcommand\tablename{テーブル} 
\renewcommand\partname{パーティー} 
\renewcommand\abstractname{要約}

RESULT: enter image description here

MWE:

% PROCESSOR ARARA V3.0
% arara: pdflatex: {synctex: yes, action: nonstopmode}
% PREAMBLE
\documentclass[
fontsize=12pt, pagesize, parskip=half-, numbers=noendperiod,
captions=nooneline ]{scrartcl}
% more packages
\usepackage{mathptmx}
\usepackage[whole]{bxcjkjatype}
\usepackage{caption}
\usepackage{graphicx}

\renewcommand\contentsname{コンテンツインデックス} 
\renewcommand\figurename{図} 
\renewcommand\tablename{テーブル} 
\renewcommand\partname{パーティー} 
\renewcommand\abstractname{要約}
% DOCUMENT
\begin{document}
    \part{日本語で書かないでください}
    私は日本語を知らないが、日本語のテキストxDでこれを記入しなければならない 位置することに由来するのではないかとされる[3]。近代の二つの憲法の表題は、「日本国憲法」および「大日本帝国憲法」であるが、国号を「日本国」または「日本」と直接かつ明確に規定した法令は存在しない。[疑問点 – ノート]ただし、日本工業規格 (Japanese Industrial Standard) では日本国、英語表記をJapanと規定。更に、国際規格 (ISO) では3文字略号をJPN、2文字略号をJPと規定している。また、日本国外務省から発給される旅券の表紙には「日本国」の表記と十六一重表菊[4] を提示している。法令で日本を指し示す表記には統一されておらず日本、日本国、本邦、わが国、などが混在している。
    \begin{figure}[h!]
        \centering
        \includegraphics[width=0.7\linewidth]{example-image-a}\\
        \caption{モデルの概要表示}
    \end{figure}

    室町時代の謡曲・狂言は、中国人に「ニッポン」と読ませ、日本人に「ニホン」と読ませている。安土桃山時代にポルトガル人が編纂した『日葡辞書』や『日本小文典』等には、「ニッポン」「ニホン」「ジッポン」の読みが見られ、その用例から判断すると、改まった場面・強調したい場合に「ニッポン」が使われ、日常の場面で「ニホン」が使われていた[7]。このことから小池清治は、中世の日本人が中国語的な語感のある「ジッポン」を使用したのは、中国人・西洋人など対外的な場面に限定されていて、日常だと「ニッポン」「ニホン」が用いられていたのでは、と推測している[8]。なお、現在に伝わっていない「ジッポン」音については、その他の言語も参照。

    近代以降も「ニッポン」「ニホン」両方使用される中、1934年には文部省臨時国語調査会が「にっぽん」に統一して外国語表記もJapanを廃してNipponを使用するという案を示したこともあったが、不完全に終わった。同年、日本放送協会(NHK)は「放送上、国号としては『にっぽん』を第一の読み方とし、『にほん』を第二の読み方とする」旨の決定をした[9]。

    \begin{table}
        \centering
        \begin{tabular}{l*{6}{c}r}
            日本放送協会             & P & W & D & L & F  & A & Pts \\
            \hline
            国号としては & 6 & 4 & 0 & 2 & 10 & 5 & 12  \\
            臨時国            & 6 & 3 & 0 & 3 &  8 & 9 &  9  \\
            にっぽん          & 6 & 2 & 1 & 3 &  7 & 8 &  7  \\
            読み方   & 6 & 2 & 1 & 3 &  5 & 8 &  7  \\
        \end{tabular}
        \caption{旨の決定をし}
    \end{table}

\part{日本語で書かないでください}
私は日本語を知らないが、日本語のテキストxDでこれを記入しなければならない 位置することに由来するのではないかとされる[3]。近代の二つの憲法の表題は、「日本国憲法」および「大日本帝国憲法」であるが、国号を「日本国」または「日本」と直接かつ明確に規定した法令は存在しない 近代の二つの憲法の表題は、「日本国憲法」および「大日本帝国憲法」であるが、国号を「日本国」または「日本」と直接かつ明確に規定した法令は存在しな 近代の二つの憲法の表題は、「日本国憲法」および「大日本帝国憲法」であるが、国号を「日本国」または「日本」と直接かつ明確に規定した法令は存在しな\\

\begin{table}[h!]
    \centering
    \begin{tabular}{l*{6}{c}r}
        日本放送協会             & P & W & D & L & F  & A & Pts \\
        \hline
        国号としては & 6 & 4 & 0 & 2 & 10 & 5 & 12  \\
        臨時国            & 6 & 3 & 0 & 3 &  8 & 9 &  9  \\
        にっぽん          & 6 & 2 & 1 & 3 &  7 & 8 &  7  \\
        読み方   & 6 & 2 & 1 & 3 &  5 & 8 &  7  \\
    \end{tabular}
    \caption{旨の決定をし}
\end{table}

\end{document}

Your Answer

By clicking “Post Your Answer”, you agree to our terms of service, privacy policy and cookie policy

Not the answer you're looking for? Browse other questions tagged or ask your own question.